エアアジアで帰ろう 子連れでLCCを利用するには KLから羽田へ 深夜着だが大丈夫か?

スポンサーリンク

今回はじめてマレーシアと日本の飛行機をLCC(格安航空会社)にしてみることにしました。
帰国に向けてチケットを予約! ワーイ ヘ(゚∀゚*)ノ

エアアジアは滑走路から乗ります。こどもは喜びそうだな。
エアアジアはクアラルンプールからタイやバリ、コタバルとか行くときに利用したことがあります。
その時の印象は通路や座席の感覚がとにかく狭いということ。

「安い」が売りなのでしょうがないですけどね。

余計なものは一切カット。食事も有料、預け荷物も有料、毛布も有料、すべて有料サービスにすることでは破格運賃を実現できたのですから!

エアアジア、子連れで利用した場合はどうなんだろう?
安いが売りなわけで子連れに優しいサービスがあるとは思えない。それは覚悟しないといけない。
まだ小さいから当然 無理がきかない、我慢できない、じっとしていない、すぐ疲れたといって自分で歩けなくなる、わめく、泣く、が予想されます・・・・( ̄_ ̄ i)
そんな小さい子どもを連れて長時間密室(しかも逃げれない空の上)!

いろいろネットで口コミを見てみましたがエアアジアは羽田との就航を開始してからいくらか経過しているので、新生児から幼児、子連れで利用している日本人の方も結構いらっしゃいました。ホッ!

エアアジアの子連れに関することでわかったのは、
・ベビーカー 車椅子などの歩行補助器具は搭乗時に無料で預かってくれる、
・バシネット(壁に備え付けられたベビーベッド)が利用できる席がある、
・最近からクワイエットゾーン(静かな席)が設けられ、子連れの場合そこの座席の利用は不可、
・非常口近くの座席は、緊急時協力する必要があるので 15才未満のこどもは非常口付近の座席は不可

ということ。
それとエアアジアはネット上で座席を自由に選べるってのが面白い。
こういう表を見ながらクリックして、指定できるのです。

・プレミアムシート(ベッドになって寝れるシート、搭乗時優先、食事、毛布、すべてサービス有り)
・ホットシート(足元のスペースが広めに設定、搭乗時優先)3000円くらいアップ
・標準席 (ほとんどの席)1000円くらいアップ

標準席は座席を指定すると料金がかかりますが、指定しなければかかりません。
しかし不安はつきまとう。欠航、大幅な遅れとか、なにか起こったらやだなー。
クアラルンプール-羽田のフライトは羽田に夜の10時半着で、こどもは寝ている可能性がある・・・・
入国手続だ、荷物受け取りだ、とか1時間くらいかかるだろうし。11時半
起こしてもぐずって地面に寝そべってしまうことが予想される・・・・
抱っこして自宅まで帰るのは無理!

ということで今回は羽田空港近くのホテルに泊まることにしました。ベビーカーも持参!
遅ずぎてチェックインできなかったらどうしようという一抹の不安はありますが、なんとかなるかなー

ちなみに今回のチケット単独料金は1人12000円くらい。大人も子どもも同じです。
で、足元のスペースがほしいのでホットシートに指定 +3000円くらい。
預け荷物はなく手荷物だけ。
食事は400円なのでつけました。保険も1000円くらいなのでつけておきました。
毛布のかわりに厚手の洋服を持参するつもり。
空港利用料が1000円か2000円くらいだったかな、燃油サーチャージという料金はないので助かります。
マレーシア航空の1/3です。 安全ならば文句ないですが。

キャンペーンで羽田or関空-クアラルンプールが9900円、
成田-ソウル 5480円、、、
国内便も 福岡-成田も5080円、成田-沖縄 5580円、とか。
どれだけ安いのって感じですね、

ちなみに直前に予約するとべらぼうに高くなりますので、余裕を盛って数ヶ月前に予約を。
毎回エアアジアの客室乗務員を見て思うのはなんでこんなに化粧が派手なんだろうということ。
ミニスカートに、青のアイシャドウとか、とにかくお化粧が皆ケバイのです。
まあ海外のキャビンアテンダントはだいたいこわめですが。

ウズベキスタンからトルコ行き乗ったときは、スチュワーデスさん、私の目の前でマニキュア塗ってたし・・・・
エアアジアの日本人CAはどうなんだろう? おっとりだったらいいなあ。
また乗ってから感想書きたいと思います。

~追記~
乗ってきました。エアアジア!

どうなることかと思った子連れ(乳幼児 幼児)のエアアジアでしたが、無事羽田空港につきましたよー。
感想ですが、まず子連れの気になるポイント

・ベビーカー ⇒ 搭乗時に預かってくれました。
乗客がぞろぞろ飛行機のところまで歩くのですが、階段のところでベビーカーを折りたたむとうしろからくる大勢の人の邪魔になるので、一番最後でもいいやくらいの気持ちではじのほうでゆっくりベビーカーを折りたたんだほうがいい。あせったあせった。ボストンバッグは外国の女性が持って階段をあがってくれました。しかもこどもの手もひいてくれて。こういう助けてほしいときに助けてくれる優しさってのが本当に嬉しかった。自分もそうしようと思った。

・ホットシート ⇒ 足が楽でした。体を右、左動かしまくったので、前に人がいない席でよかった。(前が壁)
子どもも降りたり座ったり落ち着かないので助かりました。トイレも近く自分もこどもも1回トイレ行きましたがやはり近くて助かりました。座席シートのすわり心地とかは多分一般と同じだと思います。
・機内食 ⇒ 400円くらいの機内食。ご飯と肉、みたいな感じでした。温かいだけましってかんじです。
お腹いっぱいなので後でにしてほしいと伝えたつもりなんですが、うまく伝わらずマレー人FAはすぐに持ってきました。^^; ま文句言わずに食べましたけど。

・バシネット(壁に備え付けられたベビーベッド 新生児など)は利用しませんでした。

・羽田空港に深夜着 ⇒ 飛行機は時間通りに到着。

預けたベビーカーは飛行機を降りるときに受け取るのかと思って「Can I get babycar?」みたいに尋ねたらマレーシアの男性FAに荷物受取コーナーに行ってと言われました。
ベビーカーに荷物を乗せていこうと思ったので、荷物受け取り所までボストンバッグや荷物をもって、こどもの手をひいて歩かなければいけなかったのがかなり辛かったです・・・ほんとしんどかったなー

・深夜着 22:30くらい こどもは寝てしまったか? ⇒ 寝なかった!!自分で歩いてくれました。うるうる~感謝!
ちなみに寝てしまっていたら・・・ボストンバッグに荷物にこどもに・・どうやって歩くことができたのか!? 想像するだけでぞっとします・・・

・荷物 ⇒ 今回荷物は預けなかったのですが、ベビーカーを受け取るために荷物受け取り所で待つことに。これは予想外でした。しかも待てど待てどでてこない。本当にでてくるのか?と心配になった。ホテル送迎バスの時間もせまっていたし。しかし最後のほうでやっとでてきた。セーフ~

・深夜のホテル行きはスムーズだったか? ⇒ ホテルの送迎バスも時間通り来て10分ほど乗り深夜12時前くらいにホテル着。ちなみに今回利用したホテルは東横イン羽田空港第1です。深夜なのにフロントの女性スタッフの方もテキパキ対応してくれました。もう眠かったんだけど一応こどもも私もお風呂入って寝ました。
バスは東横イン第1ホテル入り口目の前に止まり、運転手さんが荷物を運び出してくれました。子連れだったので本当に助かりました~

ロビー。朝食もここです。

部屋はこんな感じでベッドと机だけの広さですが、寝るだけなので十分です。スーツケースを広げるスペースはなんとかあります。照明は明るさ調整できるので、すこーし暗くして寝ました。

トイレとバス。清潔感ありました。

シャンプーなども利用できます。

朝食は和食のバイキングでお腹いっぱい食べられます。スタッフのおばちゃんたちが元気よかったな。

炊き込みごはんも普通のごはんもあります。温泉卵に味噌汁 つくだに つけもの、etc….

今回楽天トラベルで予約したのですが、予約時楽天ポイントも使えました!そしてまたポイントがたまるので楽天IDがあるときはここで予約したほうがいいです。

東横イン羽田空港1
朝食は最高。和食のバイキングで食べ放題。朝からもりもり頂きました。ちなみに東横イン第2はすぐ隣でそちらの朝食は焼きたてパンらしいです。どちらで食べてもいいようです。

エアアジアで子連れ、いんじゃないでしょうか。KL-東京が15000円とかですもん。
安全面さえ問題なければ節約できた分他でお金を使えることができますしね。ホテル泊まったのもよかったです。
深夜着は体力勝負になります。母は強くなければ! と感じたフライトでした。(^_-)-☆
終わり♪

スポンサーリンク