2017年度 ラジオ英会話 復習  ペニーとアル、ダッドとヘンリーおじさん

スポンサーリンク

お父さん、どこへ行くの
 Dad? Where are you going?

(ぼそぼそと)忘れ物をした
 (Mumbling) I forgot something.

列の順番、キープしておくわね
 I’ll save our place in line.

そうする必要はないよ
There’s no need to do that.

彼を追って)お父さん、待って!どうしたの
 (Following him) Dad, wait! What’s the problem?

ええと・・忘れたんだ・・ストロベリーアイスクリームを!
 Um. I forgot…strawberry ice cream!

でもお父さんには、いちごのアレルギーがあるでしょう。
 But you’re allergic to strawberries.

そうだったかい
 Am I?

以前にいちごを食べた時、じんましんがでたでしょう
The last time you ate strawberries, you broke out in hives.

何を言っているんだ、ペニー。あれはいちごを食べ過ぎたからだよ
 Come on, Penny. That was because I ate too many strawberries.

今日、なんとも奇妙なことが起こったの
The strangest thing happened today.

なに?
What?

私たち「ハーブの食料雑貨」のレジに並んでいたんだけど、
We were standing in the checkout line at Herb’s Groceries and

突然お父さんが列を飛び出したの 食べられないイチゴアイスをとりに。
suddenly Dad took off to get strawberry ice cream that he can’t eat.

そうなんだ
Oh?

それ以上に変なことは、その列にパパの双子だと言ってもいいような男の人が立っていたの
What’s even stranger is that there was a man standing in line who could’ve been Dad’s twin.

それは誰だったと思う?   (半信半疑 根拠はないけれども、そうじゃないだろうか)
Who do you suppose it was?

わからないけれど、つきとめてみるわ
I don’t know, but I’m going to find out!

ここ最近私の家系調査をしているの
I’ve been researching my family history.

忌まわしき秘密でもあったかな
(Laughing) Did you find any skeletons in the closet?

そうなの。これを見て
Yes. Take a look at this.

(声に出して読む)ヘンリースミス・・。この通りに住んでいるぞ。親類なのかい?
(Reads aloud) Henry Smith… He lives on our street. Any relation?

彼は長らく音信不通だったお父さんの兄弟で、20代で突然家を出て行ったの
He’s Dad’s long-lost brother, who suddenly moved away in his 20s.

戻っているの?
He’s back?

そのようだわ。お父さんにこの話をすべきだと思う
Looks that way. Do you think I should talk to Dad about this?

そうすると面倒なことになるかもしれないよ
That might be opening a can of worms.

もうフェニックスに帰った方がいいな。好意に甘えて長居をしたくない
It’s time for me to go back to Phoenix. I don’t want to overstay my welcome.

もう少し居てくださいよ。ペニーが家族の集まりを計画しているので
Stay a little longer. Penny is planning a family get-together.

ほう?
Oh?

お父さん、私、確かにスーパーでヘンリーおじさんを見ました。彼を内へ招待しましょうよ
Dad, I believe I saw Uncle Henry at the supermarket. Let’s invite him over.

いや、そんなことは許さない!
No, I won’t have it!

でも、彼にご挨拶したいの
But I’d like to meet him-

(声を荒げて)この話は打ち切るぞ!
(Raising his voice) This discussion is closed!

いいですとも!好きにすればいいわ!
Fine! Have it your way

ねえ、ジョージ、ペニーには気分を害するつもりはなかったんですよ
Look, George, Penny didn’t mean to upset you.

私は腹を立てるべきではなかった
I shouldn’t have lost my temper.

彼に最後にあったのはいつなんですか
When was the last time you saw your brother?

47年前だ
Forty-seven years ago.

うわあ
Wow.

部屋に戻るよう、ペニーに頼んでもらえないかな?
Could you ask Penny to come back in the room?

はい
Sure.

お父さん?怒らせてしまったならごめんなさい
Dad? Sorry if I made you mad.

お前を怒鳴りつけてわるかった
I’m sorry I blew up at you.

私の父が、私の大好きだったある工具箱をくれたんだ。
My father gave me this toolbox that I loved.

ある日、ヘンリーがそれを取ってしまって返そうとしなかった。
One day, Henry took it and wouldn’t return it.

なんで
Why not?

自分のものだと言うんだよ。だから私は言いつけたんだ。
He said it belonged to him. So I told on him.

ご両親はどうしたんですか?
What did your parents do?

両親はそのままにさせた。彼が母にフラワーボックスを作ってあげたのでね
They let him keep it because he’d built a flower box for our mother.
How old were you?
Twelve.

まあ!家庭内でのえこひいきは大きなダメージになりえるわ 壊滅的な ˈdevəˌstātiNG デヴァステーティング
Oh! Favoritism in a family can be devastating.

ヘンリーと私は、常に対抗意識があってね。
Henry and I were always competitive.

もしヘンリーが木に登れば、私は彼より高いところまで登ろうとしたんだ
If Henry climbed a tree, I’d try to climb higher than he did.

それは典型的な兄弟間のライバル意識ですね
That’s typical sibling rivalry.

それ以上のものだった。私たちの間には緊張が高まっていた
It was more than that. Tensions ran high between us.

二人とも、両親の注意を引こうと競い合っていたのね。 張り合う vάɪ
You were both vying for your parents’ attention. 

おそらくね。結局、同じ大学に行くことになった。ヘンリーは、あるとてもうつくしい子とつきあい始めていたんだ。
Probably. We ended up going to the same college. Henry had started going out with this beautiful girl.

誰ですか
Who was she?

お母さんだよ
(Pause.) Your mother.

お母さんの心を奪い取ったのね
You stole Mom’s heart!

そんなつもりではなかった。二人は目が合った途端にお互いを好きになってしまったんだ。
That was not my intention. We fell for each other the moment our eyes met.

そうなの。ヘンリーおじさんはどうしたの
I see. What did Uncle Henry do?

突然イーストコーストへ行ってしまったんだ。私たちは二度と口をきかなかった
He up and left for the East Coast. We never spoke again.

ずいぶん長い間、恨みを抱いているんですね   grəj
That’s a long time to hold a grudge.

私は彼に何の恨みも抱いていないよ
I don’t hold anything against him.

お父さんが彼に働きかけたらどうかしら
Why don’t you reach out to him?

さあどうかな
I don’t know…

ペニーが家系調査のウェブサイトから、ご兄弟に関する情報を手に入れましたよ

Penny got some information about your brother from a genealogy research website.

どんなことがわかったんだい、ペニー
What dit you find out, Penny?

まず、ヘンリーおじさんは、2年前にボストンからここへ越してきたの
First of all, Uncle Henry moved here from Boston two years ago.

帰郷したんだなぁ!  私のことを悪く思っているに違いない
He came back home! (Sadly) He must have a low opinion of me.

僕だったら即断はしませんが
I wouldn’t jump to conclusions if I were you.

ヘンリーおじさんは結婚して45年
Uncle Henry has been married for 45 years!

いやあ、それって立派じゃありませんか
Well, isn’t that something!

I’d like to reconnect with Henry.

そうなの?なぜ気持ちが変わったの
Oh? What made you change your mind?

私はもう若くはないし 誰かが和解を申し出る必要があると思うんだ
I’m not getting any younger. Someone needs to hold out the olive branch.

絶対後悔しませんよ、ジョージ
You won’t regret it, George.

問題は、彼に何と言っていいかわからない、ということだ
The trouble is I don’t know what to say to him.

ペニー、君がヘンリーに電話をして打診してみてはどうだい     〔本心・考え・腹を〕探る
Penny, why don’t you call Henry and sound him out?

そうしてくれるかな?
Would you do that for me?

もちろんよ
Of course.

どうだった?
How did it go?

ええと、はっきりいって、おじさんは完全に不意を突かれて驚いていたわ。
Well, I will say he was completely taken off guard.

お父さんが縁を切ったと思っていたんですって。
He thought you disowned him.

私も同じことを考えていた
I thought the same thing!

だから言ったでしょう!すべて大きな誤解だったのですよ
What did I tell you! It was all a big misunderstanding!

ヘンリー夫妻を明日の夜、外でのディナーに招待したわよ。
I invited Henry and his wife out for dinner tomorrow night.
You and your brother are going to hit it off!

そう思うかね
You think so?

もちろん
You bet.

君のお母さんにソックリだね、ペニー。素敵な人だったよ
You look just like your mother, Penny. She was a lovely person.
Thanks.

彼女の美貌は、そこから来ているんですね
So that’s where her looks come from.

君のパパがいなかったら、僕は家を出ることも、美しい僕の妻ベスに出会うこともなかったろう。
If it weren’t for your dad, I would have never left home and met my beautiful wife, Beth.

まあ、ヘンリーったら
(Giggling.) Oh, Henry!

ところで、これを君に、ジョージ
By the way, this is for you, George.

父さんの工具箱
Dad’s toolbox!

いや、君の工具箱! もう長い間、それを返したいと思っていたんだ!
No, YOUR toolbox!  I’ve been wanting to give that back to you for years!

覚えているかい、あの楡(にれ)の木に君が登った時のことを
Remember the time when you climbed that elm tree,…

More from my site

スポンサーリンク