2017年度NHKラジオ英会話 10月~ 覚書

スポンサーリンク

Summer Holiday sung by Cliff Richard

We’re going where the sun shines brightly.
We’re going where the sea is blue.
We’ve seen it in the movies
Now let’s see if it’s true.

a: The rainbow is fading.  虹が消えていく
b: Yes, it’s fading fast.  どんどん消えていく
a: It’s going, going…gone.  あー消えてく、消えてく、 消えちゃった

L:あのね 科学の課題でAをもらったよ!
J&M:さすが リオ!
L:野鳥の餌台のことで手伝ってくれてありがとう。
J:力になれてうれしいよ!(コツコツたたく音)やれやれ、まさか!
M:あのカーディナルが窓をたたいているわ。
L:彼に名前をつけてあげようよ!
J:そうしたことがいいか。ジャックハンマーはどうだい?
L:やあ、ジャックハンマー!
M:あらまあ。ジャックハンマーはここに落ち着くみたいよ!

L: Guess what? I got an A on my science project!
J&M: Way to go, Leo!
L: Thanks for helping me with the bird feeders.
J: I’m glad I could help! (tapping sound) Good grief, don’t tell me.
M: That cardinal is tapping on our window.
L: Let’s give him a name!
J: We might as well. How about Jackhammer?
L: Hey, Jackhammer!
M: Oh, dear. It looks like Jackhammer is here to stay!

M:今日はどうだった?
J:物事が思ったよりうまく運んだよ。削岩機の騒音について現場監督と話をしたんだ。
M:それ、どうなったの?
J:彼はとても丁寧に対応してくれた。
M:はっきり伝えてくれてうれしいわ。
J:僕もだよ。言いにくいことを言ってすっきりした。
M:よかった。
J:最高だったのは、彼のチームが我々にコーヒーとドーナツを持ってきてくれたことだな。
M:それはすてき!

M: How was your day?
J: Things went better than expected. I talked to the foreman about the jackhammer noise.
M: How did that go?
J: He was very civil to me.
M: I’m glad you spoke up.
J: Me, too. It felt good to get it off my chest.
M: Good.
J: And the best part is that his crew brought us coffee and donuts.
M: How nice!

J:一日中削岩機が動いているなかで仕事をするのは、不可能に近いのですがね。
F:うるさくして申し訳ありません。
J:この工事はあとどのくらい続きますか?
F:明日には終えるはずです。
J:わかりました。じゃあ、あと1日ですね。
F:あのですね、私から職場のみなさんにコーヒーとドーナツをごちそうさせてください。
J:そこまでする必要はないですよ。
F:そのくらいは当然です。

J: It’s nearly impossible to work with the jackhammers going all day.
F: I apologize for the noise.
J: How much longer will this go on?
F: We should be done by tomorrow.
J: All right. One more day then.
F: I tell you what. I’d like to treat everyone in your office to coffee and donuts.
J: You don’t have to.
F: That’s the least we can do.

J:あの餌台を速く取り外したいよ!
M:鳥たちのせいで、あなたは気分がよくないのね。
J:それだけじゃないんだ。職場の隣で建設工事が進んでいるんだ。
M:それで?
J:ここ4日間、削岩機を使いっぱなしなんだ。うるさくってものも考えられないんだ!
M:工事の現場監督とは話をしたの?
J:そんなことなんの役にも立たないさ。
K:わからないわよ。

J: I can’t wait to take down those birdfeeders!
M: The birds are really getting to you.
J: It’s not only that. There’s construction going on next door at work.
M: Oh?
J: They’ve been jackhammering for the last four days. I can’t hear myself think!
M: Have you talked to the construction crew foreman?
J: That won’t do any good.
M: You never know.

J: メアリー 静かにしてくれ!
M:なんの話をしているの?
J: そのうるさい音を止めてくれ!おかしくなりそうだ!
M:あらまあ。朝からごきげんナナメなのね!
J: あのコツコツと叩く音は何だ?
M:私たちのお友達のカーディナルよ。窓の外をごらんなさい。
J: あいつはなんだってうちの窓をつつくんだ?
M:こっちが聴きたいわ。あなたに餌をおねだりしているのかも。
J: そりゃ笑える。

J: Mary! Keep it down!
M: What are you talking about?
J: Stop making that noise! It’s driving me crazy!
M: Boy oh boy. You got up on the wrong side of bed!
J: What’s that tapping sound?
M: It’s our friend, the cardinal. Look out the window.
J: Why is he pecking at our window?
M: You tell me. Maybe he wants you to feed him.
J: Very funny.

M: 話の最中にごめんなさい、卵が切れてしまったの。
J: 買って来るよ。すぐ戻る。(トラックまで行く)あのカーディナルがトラックのサイドミラーをつついている!
M: あーあ。私たち、一体どうなっちゃってるの!
L: 彼は鏡に映った自分をライバルの雄だと勘違いしているんだ!写真を撮らなくちゃ!
M: あの鳥に近づいてはダメよ、君!
L: でも、ママ!これは科学の課題の一部なんだ!

M: I hate to interrupt your conversation, but we’re out of eggs.
J: I’ll go pick some up. Be right back. That cardinal is pecking the side mirror of the truck.
M: Uh-oh! What have we gotten ourselves into!
L: He’s mistaking his reflection for a male rival! I need a picture of that!
M: Don’t go near that bird, young man!
L: But, Mom! It’s part of my science project!

young man 君(ベテランからの忠告という響き)

J: おはよう、リオ。調子はどうだい?
L: 満足しているよ
J: あそこにどのくらい鳥がいると思う?
L: どこまで数えたか分からなくなっちゃった。25羽かな。
J: 25羽!それで分かった。あの鳥たちが今朝すごく騒いでいた!起こされてしまったよ。(一羽のカーディナルが大きな声で鳴き始める)
L: 見て、パパ!カーディナルがいる!雄のカーディナルは自分のテリトリーを示すために歌うんだよ。
J: もう少し眠りたいものだったなあ。

J: Morning, Leo. How’s it going?
L: I have no complaints.
J: How many birds do you figure are out there?
L: I lost track of the count. Maybe 25.
J: Twenty-five! That explains it. Those birds were making a big racket this morning! They woke me up. (A cardinal starts singing loudly.)
L: Look, Dad! There is a cardinal! Male cardinals sing to mark out their territory.
J: I could use a little more sleep.

figure 思う、判断する do you figure 挿入句 = do you guess
out thereあそこに

J: リオの科学フェアの課題ははかどっているかい?
M: 順調よ!データーを集めるために明け方から起きているの。これまで8種を数えたわ。幸せいっぱいの子どもよ!
J: それでこそ僕らの息子だ!
M: あなたに兜を脱ぎます。あの餌台を組み立てなのは全くの天才ね。
J: どうも。僕らの息子がハッピーなのが何より。彼らはクラスメートをアッと言わせるぞ!
M: ええ。きっとすべてうまくいくわ。

J: How’s Leo’s science fair project coming along?
M: Great! He’s been up since dawn collecting data. He’s counted eight species so far. He’s one happy kid!
J: That’s our boy!
M: I have to hand it to you. Constructing those bird feeders was pure genius.
J: Thanks. I like to see our boy happy. He’s going to wow his classmates!
M: Yes. I’m sure everything will turn out fine.

take off 発進する
I have to hand it to you. 恐れ入りました。お見事でした。
pure genius 全くの・見事な・あっぱれの天才
I like to see … happy. ~がハッピーなのが何よりです。
wow … ~をあっと言わせる

M:本当に鳥の餌の袋がそれ全部必要なの?
L:うん。だって、大きな野鳥の餌台を3つ作るんだよ!
M:3つ?なぜそんなにたくさん?
L:科学のコートニー先生が、たくさんの種類の鳥を記録した方がいいって言ったんだ。
J:先生は結果に満足するはずだよ。
M:そんな多くの鳥に餌をやるのはちょっと不安だわ・・・。
J:心配しないで。すべてしっかりやっているから。

M: Do you really need all those sacks of birdseed?
L: Yes, because we’re making three big bird feeders!
M: Three? Why so many?
L: My science teacher, Mr. Courtney, said the more bird species I record the better.
J: He’ll be more than satisfied with the results.
M: I have some misgivings about feeding so many birds…
J: Don’t worry. We have things under control.

be more than satisfied with … ~に大満足する
have some misgivings about … ~についてやや不安がある
have things under control すべてしっかりやっている

No Joking Matter

J: あれ、何の鳥だった、リオ?
L: スズメだった。
J: (笑って)まあ、いいスタートだな!
L: 笑い事じゃないよ!プーキーとスノウィがあのかわいそうな小鳥を傷つけるところだった。それに、見て ― プーキーが僕の餌台をひっくり返しちゃった!
J: プーキー!どこを見ているんだ!(プーキーはクンクン鳴く)
L: (めそめそして)僕はこれにまるで向いていない!今日見たのは小さなスズメ一羽だけだった。
J: ええと、これは2人でなんとかしなくっちゃな!

J: What kind of bird was that, Leo?
L: It was a sparrow.
J: Well, it’s a good start!
L: It’s not funny! Pookie and Snowy could have hurt that poor little bird. And look – Pookie knocked over my feeder!
J: Pookie! Watch where you’re going!
L: I’m no good at this! All I saw today was one little sparrow!
J: Well, we’ll just have to do something about that!

The Birdfeeder Leo Made

J: Hey, buddy. How’s your science project coming along?
L: Who cares?
J: That bad, huh?
L: Yeah! Not one bird has come to the bird feeder I made!
J: Really? If I’m not mistaken, a bird just landed on your feeder.
L: Oh, no! Snowy just caught it! Now what do I do?
J: Snowy, let it go! Good kitty!
L: Pookie took off with it!
J: Pookie, drop it!

J: やあ、相棒。科学の課題はうまくいっている?
L: どうでもいいよ。
J: そんなにひどいのかい?
L: そうだよ!僕が作った野鳥の餌台に一羽の鳥も来ないんだ!
J: 本当?もしパパの勘違いでなければ、鳥が一羽、君の餌台にちょうど降りたようだよ!
L: ああ!スノウィが捕まえちゃった!どうすればいいんだろう?
J: スノウィ、放してやれ!いい子だ!
L: プーキーが持ってっちゃった!
J: プーキー、放せ!

How’s ・・ coming along? ~ははかっどていますか
take off with ・・ ~を持って逃げる

J:リオはどうなっているの?
M:宿題のことでストレスを感じているのよ。
J:宿題って何の?
M:科学フェアの課題よ。失敗だと言っているわ。
J:彼の課題は何?
M:近所にいる鶏を識別するようなこと。かなり気落ちしているわ。
J:彼と話してみるよ。
M:そうね。元気づけてやれる人がいるとすれば、それはあなたよ。

X has something to do with Y. XはYと関係がある。

J: What’s going on with Leo?
M: He’s stressed about his homework.
J: What homework?
M: It’s his science fair project. He says it’s a flop.
J: What is his project?
M: It has something to do with identifying bird species in the neighborhood.
He’s pretty discouraged.
J: I’ll go talk to him.
M: Good. If anyone can cheer him up, you can.

Thailand to turn all tuk-tuks into EVs by 2022

The Thai government has disclosed a plan to have all tuk-tuk taxis run on electricity by 2022. The three-wheelers are widely popular with Thais and tourists. The Energy Ministry says it will make 22,000 tuk-tuks electric to prevent air pollution from exhaust fumes and push for energy conservation. Subsidies to help tuk-tuk owners cover the cost of converting engines to be EV-compatible will be granted to the first 100 applicants next year. The government is in talks with local manufacturers for the mass-production of electric tuk-tuks. The government is promoting electric vehicles as one of its key policies to advance the country’s industries.

タイ政府は、2022年までに、すべてのトゥクトゥクタクシーを電動化する計画をあきらかにしました。この三輪車はタイ人から観光客まで広く人気を博しています。
エネルギー省のよると、排気ガスによる大気汚染を防ぎ、省エネを推進するために、22,000台のトゥクトゥク全てを電動化するとのことです。
エンジンをEV対応に改造するトゥクトゥク所有者に対する費用支援のための補助金が、最初の100台に対して来年支給されます。
現在タイ政府は電動トゥクトゥクの量産化に向けた協議を現地メーカーと行っています。
政府は同国の産業を発展させるための重点政策の一環として電気自動車の普及を進めています。

disclose~ ~を明らかにする、公表する
run on electricity 電力で走る
three-wheeler 三輪自動車
prevent A from B AをBから防ぐ
exhaust fumes 排気ガス(通常複数)
conservation 保護
push for energy conservation 省エネを推進する
subsidies 補助金(通常複数)
EV-compatible  EV対応の
be granted to~ ~に支給・供与・認可される
in talks with~ ~と協議中で
mass-production 量産

On Hazel’s Birthday

G: This is for you.
H: You’re too much! An antique watch pendant! How did you know I needed a watch?
G: I had a hunch you liked antiques. (They both giggle.) There’s something engraved on the back.
H: I enjoy every minute with you. How sweet!
G: I’m glad you like it.
H: It’s perfect. George, you are the best birthday present I could get!

G:これを君に。
H:そんなことまで!アンティークのペンダント時計!時計が欲しいって、どうやってわかったの?
G:勘であなたがアンティークが好きだと思ってね。裏面に何か彫られているよ。
H:「あなたと過ごすすべての時間が喜びです」。ああ!なんてすてきなの!
G:気に入ってくれてうれしいなあ。
H:完璧。ジョージ、あなたこそ、これまで私が手にできた最高のバースデプレゼントよ

G: Have you thought about buying a new car?
H: Yeah. The trouble is I’m really attached that old one.
G: How did you manage to drive it cross-country without breaking down?
H: Who said I didn’t have breakdowns?
G: So now you tell me! What happened?
H: My radiator overheated in Arizona.
G: Arizona! I could’ve fixed it for you!
H: (Laughing)Where were you when I needed you?

G:新しく車を買おうと思ったことはありますか?
H:ええ。問題なのは、私があの古い車にとても愛着があることね。
G:故障もしないでどうやってあの車で横断できたんですか?
H:故障しなかったって、誰か言ったかしら?
G:じゃあ教えてください!何があったんです?
H:アリゾナでラジエーターがオーバーヒートしたんです。
G:アリゾナですって?私が修理してあげられたのになあ!
H:(笑って)大事な時に、どこに隠れていたんですか?

H: This is the car my grandparents drove―only it was blue.
G: That’s a ’58 Blackbird station wagon!
H: What I wouldn’t give to have a car like that!
G: You’re really into these old cars!
H: (Laughing)How did you guess?
G: I used to fix up old cars with my father and brother.
H: You’re a handy guy to have around.
G: I’m glad you think so!

H:これは綿費の祖父母が運転していた車だわ・・・ただ、色はブルーだったけど。
G:それは58年式のブラックバード・ステーションワゴンだ!
H:そんな車を持っていたらどんなにいいでしょう!
G:こうした古い車に本当に夢中なんだね!
H:(笑って)どうしてわかったの?
G:よく父や兄と古い車を修理していたものでね。
H:身近にいると重宝する人ですね!
G:そう思ってくれてうれしいなあ!

G: Can I borrow your car, Penny? I’m going to a classic auto show.
P: I love antique cars! Can I tag along?
G: Not this time. I’m picking up a friend. We’re planning to have lunch after the show.
P: (Laughing) Oh, I don’t want to be the third wheel.
G: I’ll be back by two o’clock.
P: Take your time.
G: Okay. Bye.
P: Drive safe. And have fun!

G:車を借りてもいいかい、ペニー?クラシック自動車ショーに行くんだ。
P:アンティークカー、大好き!ついて行ってもいい?
G:今回はちょっとね。友人を迎えに行くんだ。ショーの後に一緒にランチに行く予定でね。
P:(笑って)あら、お邪魔虫にはなりたいくないわ。
G:2時には戻ってくるよ。
P:ごゆっくり。
G:わかった。じゃ。
P:安全運転で。そして、楽しんで!

G: (Shouting) Okay, start the car! (He hears a squealing sound.) One of the belts is worn out.

H: Oh, no!
G: I can replace it for you.
H: I couldn’t ask you to do that.
G: It’s just a matter of going to the auto parts store. Hop in. I’ll take you there.
H: I don’t know how to repay you for your kindness.
G: Take me out to lunch.
H: (Laughing) It’s a deal!

G:(叫んで)よし、エンジンをかけて!(キーッと鳴る)ベルトの1本が擦り切れてます。
H:あら、まあ!
G:取り替えますよ。
H:そこまではお願いできません。
G:自動車部品店に行けば済むことですよ。乗って。連れてってあげます。
H:ご親切にどうやってお返しをすればいいかわかりません。
G:ランチに連れて行ってくださいね。
H:(笑って)決まりね!

H: Hi, George. Is this a good time to talk?
G: Sure. What’s up?
H: I hate to bother you again. My car is acting up. The engine is making a squealing sound.
G: That doesn’t sound good. You’d better not drive it anywhere. Where are you?
H: I’m over on Market Street in front of the library.
G: Stay right there. I’m on my way.

H:もしもし、ジョージ。今、話しても大丈夫ですか?
G:もちろん。どうしたんですか?
H:また面倒をおかけしたくないのですが。車の調子が悪くって。エンジンがキーッという音を立てているんです。
G:それはよくないですね。その車は運転しないほうがいい。今どこにいますか?
H:マーケットストリートにある図書館の前です。
G:そこにいてください。これから向かいます。

P: Where were you, Dad?
G: I was helping a friend jump-start her car. Then one thing led to another.
P: Who is this friend?
G: Really, Penny! You’re treating me like one of the children.
P: (Laughing) I guess you’re right. You should’ve called me.
G: Sorry. I lost track of time. I’m thinking about moving back here.
P: Really?

P:どこにいたの、お父さん。
G:友人が車をジャンプスタートさせるのを手伝っていたんだよ。それからあれこれあってね。
P:その友人って誰なの?
G:まったく、ペニー!私を君の子供のひとりのように扱っている。
P:(笑って)たしかにそうね。私に電話をしてくれなくっちゃ。
G:すまない。時間の経つのを忘れてしまった。私はこっちに帰ってこようと思っているんだ。
P:本当?
G:ああ、やり直してみたいんだ。

Time to Say Goodbye
H: Look at the time! My car must be ready by now.
G: Let me get the check.
H: I’ll get it. This is my treat.
G: Here’s my number. If you have any more car trouble, give me a call.
H: (Laughing) All right.
G: Maybe we can get together and have coffee again sometime.
H: I’d like that very much. It was really nice talking to you.

H:もうこんな時間! 車はもう用意ができているはずだわ。
G:会計は私が持ちます。
H:それは私が。 私に出させてください。
G:これは私の電話番号です。 何かまた車の故障があれば、電話ください。
H:(笑って)わかりました。
G:もしかしたらまたお会いしてコーヒーでも飲めるかもしれませんね。
H:そうできたらとてもうれしいです。 あなたとお話しできてとてもよかったわ。

Chatting at the Diner

H:ジョージ、お宅はどちら?
G:フェニックスです。今のところ娘の家族と同居しています。健康上の問題があったので。
H:あら、まあ!
G:今はもう元気です。ご家族はこちらに?
H:いいえ、でもここにはリタイアした仲の良い友人たちがいます。私は配偶者を亡くしていますので。
G:それはお悔やみ申しあげます。
H:ありがとうございます。ずいぶん前のことなんですよ。
G:お気持ちは痛いほど分かります。私も同じ身ですから。

H: And where do you call home, George?
G: Phoenix. I’m staying with my daughter’s family for now. I had some health issues.
H: Oh, my!
G: I’m fine now. Do you have family here?
H: No, but I have good friends who retired here. I’m widowed.
G: I’m sorry for your loss.
H: Thank you. That was a long time ago.
G: I sympathize completely. I’ve been there, too.

I’ve been there, too. 私も同じ身です、同じ体験をしています。

Waiting for Hazel’s Car

G:で、食料品を買っているとき以外はどんなことをするんですか?
H:(笑って)車の修理に気をもんで時間を過ごしています。。
G:(クスクス笑って)やっぱり。今までのところ、ハンツヴィルはいかがですか?
H:今のところとてもいい感じです。 私はミネソタから来たんですけど、あそこの冬は厳しくって。
G:でしょうね!
H:出発した日はマイナス15度でした。車がスタートしてくれるか分からなくって。
G:ここまで車で横断したんですか?
H:そうなんです!
G: So what do you do when you’re not shopping for groceries?
H: (Laughing) I spend time worrying about car repairs.
G: (Chuckling) That figures. How do you like Huntsville so far?
H: So far so good. I’m from Minnesota, and the winters are tough there.
G: I bet!
H: It was 15 below the day I left. I wasn’t sure my car would start!
G: You drove cross-country?
H: I did!

That figures!  ほら、やっぱりね
I bet! でしょうね!

At the Parking Lot

G: 車の故障ですか?
H: バッテリーがまた上がってしまって。交換しておくべきだったわ。
G: ブースターケーブルを持っていますよ。ボンネットを開けて。 (ジョージが車をスタートさせる)
H: あなたが車を止めて助けてくれるなんて思いがけない幸運でした!本当にありがたい。
G: どういたしまして。よろしければ、新しいバッテリイーが買えるところへ案内しますよ。
H: 本当にご面倒じゃないですか?
G: 面倒だなんてとんでもない!ついて来てください。

G: Car trouble?
H: The battery is dead again. I should’ve replaced it.
G: I’ve got jumper cables. Pop your hood. (George gets the car going.)
H: It was a stroke of luck you stopped to help me! I’m most grateful.
G: Think nothing of it. If you’d like, I can show you where to get a new battery.
H: Are you sure it’s no trouble?
G: No trouble at all! Follow me.

It All Began at a Supermarket!  すべてはスーパーで始まった

G:あ・・・買い物メモを落としましたよ。(拾う)
H:あら、どうも。
G:ひょっとしてシラントロはどこかおわかりですか?
H:青果コーナーのキュウリの隣です。
G:この店のことを本当によくご存知ですね
H:(笑って)そんなことを言うなんてオモシロいわ。越してばかりなんですよ。
G:ほう、ハンツヴィルにようこそ!ワシは何年も前に住んでいました、ジョージです。
H:破秘めました、ジョージ。私はヘイゼルです。

G: Ah・・・you dropped your grocery list. (He picks it up.)
H: Oh! Thanks!
G: Do you by chance know where the cilantro is?
H: It’s next to the cucumbers in the produce section.
G: You really know your way around this place.
H: (Laughing) Funny you should say that. I just moved here.
G: Well, welcome to Huntsville! I used to live here years ago. I’m George.
H: Nice to meet you, George. I’m Hazel.

Hamlet:To be, or not to be―that is the question:

Antony: Friends, Romans, countrymen, lend me your ears.
I come to bury Caesar, not to praise him.
The evil that men do lives after them;
The good is oft interrèd with their bones.
So let it be with Caesar.

アントニー:友よ、ローマ人よ、同胞よ、耳を貸してくれ。
私はシーザーを葬りに来たのだ、讃えるためではない。
人の行う悪は亡きあとも生き続ける。
善は骨と共に埋められる。
だからシーザーもそうしておけばいい。

come from behind to overwhelm ~ ~を追い上げ、打ち負かす overwhelm圧倒する

Phonem Sweet Phone

H:みんな、ちょっと聞いてくれる?
W:ちょっと待って。職場からメールが来た。
H:ジェイミー、携帯でゲームをするのをやめなさい。
J: (いらいらして)はいはい!
H:お互いに話す時間がどんどんなくなっていく。みんな携帯に釘付けになっている。
W:たしかにそうね。食事中は携帯をオフにすることにしましょうよ。
H:ボクはそれで大丈夫。醤油を取ってくれるかな。

H: Could I have everyone’s attention?
W: Just a second. I got a text message from work.
H: Jamie, stop playing games on your phone!
J: (Annoyed) Whatever!
H: We’re spending less and less time talking to each other. Everyone is glued to their phones!
W: You’ve got a point. Let’s make it a rule to turn off our phones during meals.
H: Fine with me. Pass the soy sauce, please.

180-Degree Change

B: クリスタ!早いね!
C: パーティーは8時に始まるんじゃなかったかしら?
B: そうだけど、いわばおしゃれに遅刻するのが君だといつも思っていたので。
C: 私、自分の癖を改めたのよ、ブラッド。
B: 本当?どうやってそうしたんだい?
C: システム手帳を買ったの。人生が変わったわ。
B: 本当?
C: 本当よ?9時までしかいられないの。今夜は出なくちゃ行けないパーティーがあとふたつあるから。

B: Christa! You’re early!
C: Doesn’t the party start at eight?
B: Yes, but I’ve always known you to show up fashionably late, so to speak.
C: I’ve changed my ways, Brad.
B: Really? How did you do that?
C: I got a planner. It changed my life.
B: Really?
C: It’s true. I can only stay until nine o’clock. I have two more parties to attend tonight.

F1:生活が同じ事の繰り返しという感じでね。運動する時間もない。
F2:私もよ。仕事のあとは疲れてしまってトレーニングなんかできない。
F1:ひとつの案だけど。仕事の前に運動することを習慣にしようよ。
F2:それは、私には大きな挑戦だわ。
F1:きみならできるさ!明日の朝6時に公園で待ち合わせよう。
F2:7時頃はどう?
F1:OK。君のランニングシューズを履いてきてね。

F1: I feel like I’m stuck in a rut. I don’t have time to exercise anymore.
F2: Me, either. I’m too tired after work to work out.
F1: Here’s an idea… Let’s make it a habit to exercise before work.
F2: That’d be a big challenge for me.
F1: You can do it! Meet me at the park at six tomorrow morning.
F2: How about sevenish?
F1: Okay. Wear your running shoes.

in a rut マンネリ

New Diet Plan

H:朝食に果物かい?
W:それだけじゃないわ。アボカドトーストを作ったのよ。
H:バターとジャムはなし?
W:いいから食べてみて。
H:(食べながら)悪くないな。まだ空腹だよ。
W:これがほうれん草サラダよ。
H:生のほうれん草?
W:朝食には、より健康的な食品選びにこだわりたいの。
H:これは、慣れるのに少し時間かかかるな。
W:(そのことで)あとで私に感謝するわよ。

H: Fruit for breakfast?
W: There’s more. I made avocado toast for you.
H: No butter and jam?
W: Just taste it.
H: (Eating) It’s not bad. I’m still hungry.
W: Here’s some spinach salad.
H: Raw spinach?
W: I’d like to stick to healthier food choices for breakfast.
H: This is going to take some getting used to.
W: You’ll thank me for it later.

So Forgetful すごく忘れっぽい

K:ジャック、ドアに鍵をかけるのを忘れたみたい。戻ってもいい?
J:いいよ、ケイトリン。備えあれば憂いなしだ。
K:(ドアノブをガチャガチャして)あら、かけていたみたい。
J:そりゃよかった。
K:本当に疲れている時は、すごく忘れっぽくなるの
J:どうしてそんなに疲れているんだい?
K:一晩中テレビをみる癖があるの。
J:本当?なにか面白い番組があるの?
K:思い出せないわ。

K: Jack, I think I forgot to lock the door. Can we turn around?
J: No problem, Katrin. Better safe than sorry.
K: (Jiggling the doorknob.) Oh, I guess I locked it.
J: That’s good.
K: When I’m really tired, I get so forgetful!
J: Why are you so tired?
K: I have a habit of watching TV all night.
J: Really? Are there any good shows on?
K: I can’t remember…

Going Cold Turkey  きっぱりやめる

M:いい朝ね、アーロン!
A:(朝の)どこがいんだい?
M:どうしたの?
A:頭が割れるような頭痛がするんだ。
M;それは大変。いつもの注文していい?
A:コーヒーは昨日やめたんだ。
M:そうか!あなたはカフェインの離脱症状に苦しんでいるのよ。
A:メアリー、それ当たっていると思うよ。
M:最近の研究によると、コーヒーを飲むのは体にいいんですって。
A:本当?それじゃあ、やっぱりコーヒーを飲むことにするよ。

M: Good morning, Aaron!
A: What’s so good about it?
M: What’s wrong?
A: I have a splitting headache.
M: Too bad. Should we order the usual?
A: I gave up coffee yesterday.
M: Oh! You’re suffering from caffeine withdrawal.
A: Mary, I guess you’re right.
M: According to a recent study, drinking coffee is good for you.
A: Really? Then I’ll have coffee after all.

To the Apiary 養蜂場へ

G:外に出てもいいかい、ブラウニー?蜂の巣を襲いたいんだけど。
B:うまそうだ!付き合うよ、グリズリー。
G:毎日蜂蜜がとてもほしくなる。もう何年もこの癖を絶とうとしているんだ。
B:蜂蜜を食べることのなにが悪いのさ?
G:何もーーーただ、養蜂家の犬が蜂の巣を守っているんだ。(激しい犬の鳴き声)ああ!逃げろ、ブラウニー!
B:恐かった!
G:またあとでやってみよう。
B:いや、それは遠慮しておくよ。

G: Do you mind if I step outside, Brownie? I want to raid a beehive.
B: Yum! I’ll keep you company, Grizzly.
G: I crave honey every day. I’ve been trying to kick this habit for years.
B: What’s wrong with eating honey?
G: Nothing?except that the beekeeper’s dog guards the beehives. (A dog growls fiercely.) Aaah! Run, Brownie!
B: That was scary!
G: Let’s try again later.
B: No, thank you very much.

raid 襲う 急襲する
crave  ~が無性に欲しくなる

Confessions of a Chocoholic

F:チヨコ、アルバートが僕らにくれたあの箱入りチョコレートは一体どうなったの?
C:私が食べたわよ。
F:チョコレートひと箱を全部食べたのかい?
C:ええ。私のこと分かっているでしょ、フランク。ひとつ食べるだけじゃ止まらないのよ。
F:ボクに少し残してくれてもよかったのに。
C:我慢できなかったの。とてもおいしかったのよ。ナッツとマシュマロが入っているのが特に気に入って!
F:しつこく言わないでくれ!
C:ごめん。

F: Chiyoko, whatever happened to that box of chocolates that Albert gave us?
C: I ate them.
F: You ate the whole box of chocolates?
C: Yes. You know me, Frank. I can’t eat just one.
F: You could’ve saved some for me.
C: I couldn’t help it. They were so good. I loved the ones with nuts and marshmallows inside!
F: Don’t rub it in! rub it in しつこく言う 嫌みを言う rub こする
C: Sorry.

W:今年の休暇はどこに行くの、ダイキチ?
D:ベリーズに行くんだ。
W:いいわね。そんないい休暇を取れるほどのお金をどうやって貯めるの?
D:一番いい方法は25セント硬貨を貯金することだね。
W:25セント?
D:そう!手元にある25セントは、このガラス瓶に貯めるんだ。僕の祖母がお金を貯めた方法なんだ。
W:それは素晴らしい名案ね!

W: Where are you going on vacation this year, Daikichi?
D: I’m going to Belize.
W: Nice! How do you manage to save up money to take such nice vacations?
D: The best way is to save quarters.
W: Quarters?
D: Yeah! I keep all my quarters in these jars. It’s how my grandmother used to save money.
W: That’s a stroke of genius!

F:今日は芝を刈って、ガレージを掃除して、洗車をするぞ。
P:一日でずいぶんやることが多いのね、お父さん。
F:忙しくしていたいんだよ、パム。
P:今日ぐらいのんびりできないの?
F:習慣を変えられないんだ。自分のリストのすべてを片付けないと落ち着けなくてね。
P:わかった。手伝うわ。仕事に取りかかりましょう!

F: Today I’m going to mow the lawn, clean the garage and wash the car.
P: That’s a lot of things to do in one day, Dad.
F: I like to keep busy, Pam.
P: Can’t you take it easy today?
F: I’m a creature of habit. I can’t relax until I get everything done on my list.
P: Okay. I’ll help you. Let’s get to work!

M:ベラは午後ずっと自分の毛繕いをしている!
L:彼女が美しい毛並みを持っていることは、認めなければね。
M:でも彼女は自信過剰だよ!
L:猫はしょっちゅう毛繕いをするようにプログラムされているのよ。体毛のメンテナンスは彼らにとって、とても重要なんだから。
M:ふん!
L:ええと、マックス、言わせてもらえば、入浴が延び延びになっているわよ。
M:君は何を言っているんだ、ルーシー?
L:ベラと一緒に遊びに行くつもりなの。

M: Bella has been grooming herself all afternoon!
L: You have to admit she has a beautiful coat.
M: But she’s so vain!
L: Cats are programmed to groom themselves often. Fur maintenance is very important for them.
M: Hmph!
L: Well, Max, you’re overdue for a bath if you don’t mind my saying so.
M: What are you talking about, Lucy?
L: I’m going to go hang out with Bella.

be overdue for  ~をしていい頃だ
vain 自信過剰な

M:ティファニー、家の中をお見せします。これがキッチンです。
T:チリ(しみ)ひとつないですね!
M:いつも食事のすぐあとに掃除するんですよ。いつものクセになっているんです。ここが居間です。
T:本当にとてもきちんとしていますね!私はどんな家事を担当することになりますか?
M:毎日の掃除機かけとから拭きが必須です。
T:それ、私のスケジュールに組み込めそうにありません。
M:そうですか・・・。

Potential Housemate ハウスメート候補
M: I’ll give you the grand tour, Tiffany. This is the kitchen.
T: It’s spotless!
M: I always clean up after every meal. It’s a force of habit. Here’s the living room.
T: It’s so nice and neat! What household chores would I be responsible for?
M: Vacuuming and dusting every day is a requirement.
T: That’s going to be hard to fit into my schedule.
M: I see…
household chores 家の雑用

(仮に)10点満点で何点をつけますか。
What would you give it out of 10?
I would / I’d give it a 9.

How would you rate it on a scale of 1 to 10?
1から10の秤でどう評価しますか?

試験で・・点とった、aをつける。
I got a 90.

How did you like the movie? 映画どうでしたか?

It was fun.  It was great.  面白かったです。良かったです。
I enjoyed it.  It was enjoyable.  楽しみました。
It was just as I expected.  期待通りでした。
Better than expected. 思ったより良かったです。
It’s not for everyone. 万人向けではありませんね。
It’s different. 変わってます。
It’s not exactly my type of movie. I like comedies. 私の好きなタイプとは違う映画です。私はコメディが好きです。
It was interesting. 興味深いものでした
It was touching. 感動的でした
It touched my heart. 感動しました。胸に響きました。
It was moved to tears. 涙を誘われました。
I laughed until my stomach hurt. お腹が痛くなるほど笑いました
I was on the edge of my seat. ハラハラドキドキの連続でした。
It was a great roller coaster ride. 波乱万丈でした。
It’s a masterpiece 傑作です。
It’s classic 最高傑作です。
IT’s a must-see. 必見です。
It’s a well-made movie. よく作られた映画です。
It was underwhelming. 味気ないものでした。迫力に欠けていました。
It’s forgettable. 記憶に残らない。印象が薄いです
It’s a flop 失敗作です。 It’s a bomb.
It’s a turkey. 駄作です。
I walked out on it (of it.)  途中で映画館からでました
The plot is strong ( thin).
筋立てがしっかりしています(薄っぺらい)です
It’s unpredictable 意外性があります
predictable.話の先が見え見えです
It’s well  written. 脚本が良いです
The photography is breathtaking. 映像は息をのむほどの美しさです
The movie starts with a long take for five minutes. 映画は5分間の長回しで始まります
They play a Beatles song during the end credits.エンドロールでビートルズの曲が流れます。
How are the reviews of the movie? 映画の批評はどうですか?
It has good  reviews 評価はいいです。
It has poor reviews of the movies. 悪いです
It has mixed reviews. 良い評価と悪い評価があります
Audience reviews are mostly good, critic reviews are pretty brutal.批評家の批評は相当厳しいです
The reviews were not very helpful. その批評はあまり役に立ちませんでした

hope

I hope you’re enjoying your stay.
I hope you have found this class useful.
I hope you get well soon.
I hope you will be very happy.
~を展示する showcase ~
巨大な monumental
融合 fusion

1. Where is this exhibition going to be held?
2. What is the exhibition about?
3. When will the exhibition finish?

Hi, this is Walter Roberts. The Metropolitan Museum of Art, or the MET in New York has held a preview of an exhibition of Japanese bamboo art. The special exhibition showcases more than 90 items, including everyday utensils, flower baskets and contemporary artworks. Among them is a monumental sculpture entitled “The Gate”, designed to represent a fusion between Japan and the United States. Bamboo art developed from the practice of making baskets for daily use. MET officials say that little was known in the United States about the high quality of Japanese bamboo art until recently. Monika Bincsik, an Assistant Curator at the MET says she wants people to know how basketry in Japan developed into a form of art and how remarkably creative the artists are. The exhibition runs until February 4th 2018.

Interview with Mrs. Claus

E:あのう、すみませんが。
M:なんでしょうか?
E:あなたの赤いドレスが目についてしまったもので。ひょっとして、クロース夫人でいらっしゃいますか?
M:(くすくす笑って)そうですよ!
E:恐れ入りますが、クリスマスでお気に入りの部分を教えていただけませんか?
M:もちろん。小さな妖精のためにクリスマス・パーティーを開くのが好きなんです。彼らは子どもたちのクリスマスの願いが叶うようにと、一年中働きづめですからね。
E:大変感動的なお言葉です。

E: Excuse me, ma’am.
M: Yes?
E: I couldn’t help but notice your red dress. Would you happen to be Mrs. Claus?
M: (Chuckling) That’s me!
E: Would you be so kind as to tell me your favorite part of Christmas?
M: Of course. I love holding a Christmas party for the elves. They work hard all year long so that children’s Christmas wishes can come true.
E: That’s very touching.

Would you be so kind as to ・・? 恐れ入りますが・・していただけませんか?

Gingerbread Woman?

E:クリスマスの、どのしきたりが一番の楽しみですか?
P3:クリスマスのクッキーを焼くのが好きです。普通、6種類か7種類のクッキーを作るの。
E:それをどうするのですか?
P3:ご近所に配るの。それからジンジャーブレッド製のクリスマスツリー飾りも作るのよ。
E:食べられる飾りですね。
P3:そう!手作りのジンジャーブレッドクッキーにかなうものはないわ。ほら、選んで・・・。ツリーにかけて、後で食べてね。
E:ありがとうございます!

E: What Christmas tradition do you enjoy the most?
P3: I like baking Christmas cookies. I usually make six or seven kinds of cookies.
E: What do you do with them?
P3: I give them to my neighbors. I also make gingerbread Christmas tree ornaments.
E: Edible ornaments?
P3: Yes! You can’t beat homemade gingerbread cookies. Here, take your pick…. Hang it on your tree and eat it later.
E: Thanks!

Deck the Halls!

E:クリスマスでお気に入りの部分を教えて貰えますか?
P2:うちでは、飾りつけに総力をあげます。夫はルーフラインにクリスマスライトを取り透けます。雨でも晴れでも。
E:で、雪でも。
P2:確かに!それと、うちでは庭に木製の馬屋とキリスト降誕の場をつくるんですよ。
E:それはすごい!メリー・クリスマス!
P2:あなたも、メリークリスマス!

E: Could you tell me what your favorite part of Christmas is?
P2: We go all out for the decorations. My husband puts up Christmas lights along the roofline of the house-rain or shine.
E: Or snow.
P2: (Laughing) True! We also set up a Nativity scene with a wooden stable in our yard.
E: That’s awesome! Merry Christmas!
P2: Merry Christmas to you, too!

go all out for ~ ~に総力を挙げる
put up ~ ~を取り付ける
Nativity キリスト降誕
stable 馬小屋

Christmas with Grandchildren

intro: さすらいのリポーター、リンダ・レイとエディー・サトウの「ニュースと視点」!
E:クリスマスの季節のここがスキという調査をしている者ですが。
P:孫達とクリスマスのすばらしさを分かち合うのに勝る者はありません。
E:子供って本当にクリスマスに興奮しますね。
P:そうですね。彼らの興奮は伝染しますね。
E:お孫さんは何人いますか?
P:合計で10人です。
E:ということは、クリスマスの買い物リストは長大になりますね!
P:まるで気になりません。彼らを持つことはすばらしいことですから!
(エディと通行人は笑い合う)

Intro: News and Views with Roving Reporters, Linda Ray and Eddy Sato!
E: I’m conducting a survey to see what people love about the Christmas season.
P: There’s nothing better than sharing the magic of Christmas with my grandchildren.
E: Kids get really excited about Christmas.
P: They do. Their excitement is contagious.
E: How many grandchildren do you have?
P: Ten in all.
E: That makes for a big Christmas shopping list!
P: I don’t mind a bit. It’s grand to have them!

share the magic of ~ ~のすばらしさ、魅力を分かち合う
be contagious 伝染する、伝染性である

A Must-See Activity

L:子供の姿が見えませんね。子供はこのフェスティバルに入場を許されているのですか?
V:もちろんですよ。
L:子供向けのアクティビティーには、どんなものがありますか?
V:サンタに手紙を書いて、その手紙を自分で赤い納屋にいるサンタ本人に配達できるんです。
L:それはどこに?
V:この建物の裏です。トナカイの赤ちゃんもいますよ。
L:まさか!これは是非とも見なければ!
V:見て損はありませんよ!

L: I don’t see any children. Are children allowed at the festival?
V: Of course.
L: What kind of children’s activities are there?
V: They can write letters to Santa and deliver them to him in person in the red barn.
L: Where’s that?
V: It’s behind this building. There are some baby reindeer there, too.
L: No kidding! This I’ve got to see!
V: You won’t be disappointed!

Jolly and Limber?

V:若い頃、私はサンタコンテストに出ました。
L:出るにはなにか特別な才能が必要なのですか?
V:陽気にならなくてはいけません。こんな感じで「ホーホーホー」
L:サンタのモノマネとてもお上手ですよ
V:どうも。少し練習不足でして。あとは、身体が柔軟でないとね。
L:柔軟?
V:そう。屋根に登ってから煙突を滑り降りなければならないので。
L:それって私をからかっていますね

V: I entered the Santa Contest in my younger days.
L: Do you need any special talents to enter?
V: You have to be jolly…like this: ho ho ho!
L: That’s a very good impersonation of Santa!
V: Thanks. I’m a little out of practice. And you have to be limber.
L: Limber?
V: Yes. You’re required to climb roofs and slide down chimneys.
L: Now you’re pulling my leg!

Getting It Out of the Way!

L:このフェスティバルは毎年行われるのですか?
V:はい。これで25年目です。クリスマスの買い物を片付けるにはうってつけの方法です。
L:確かに!
V:クリスマスショーもいくつか見物できます。
L:いいですねぇ。このフェスティバルの呼び物はなんだと思いますか?
V:間違いなく、サンタコンテストが町一番のショーです。
L:それについて、もっと詳しく聞かせてください。

L: Does this festival happen every year?
V: Yes. It’s in its 25th year now. It’s a great way to get your Christmas shopping out of the way.
L: It is!
V: You can take in a few Christmas shows, too.
L: Nice. What would you say is the highlight of the festival?
V: The Santa Contest is hands down the best show in town.
L: I’d like to hear more about that.

At a Cider Stall

さすらいのリポーター、リンダ・レイとエディーサトウの「ニュースと視点」!
L:アップルトンのクリスマス・フェスティバルには、何百人もの人々が集まっています。そして、空気はクリスマスの雰囲気に満ちています。
V:スパイス入りのホットサイダーはいかがでしょうか?
L:ありがとうございます!ん~!隠し味はなんですか?
V:クローブ、ナツメグとオールスパイス(シナモン・クローブ・ナツメグの3種類の香りがするからそう呼ばれている)です。私の祖母の代から引き継がれている家伝のレシピなんですよ。
L:寒い冬の夜には、本当に身体が温まりますね。
V:気に入って頂いて嬉しいです。

Intro: News and Views with Roving Reporters, Linda Ray and Eddy Sato!
L: Hundreds have gathered at Appleton’s Christmas Festival. And the air is filled with Christmas aromas.
V: Would you care for some hot spiced cider?
L: Thank you! Mm! What’s your secret ingredient?
V: It’s got cloves, nutmeg and allspice. It’s a family recipe passed down to me from my grandmother.
L: It really warms you up on a cold wintry night.
V: I’m glad you like it.

Snowshoe Race  スノーシューレース

E:大変な人出のスノーシューレースです! こちらにいらっしゃるのはスノーシュー・ランナーのゲイル・ガルシアさんです。 このイベントについて詳しく教えてください。
G:今日は300人を超える参加者が競争します。
E:誰でもレースに参加できるのですか?
G:断られることはありませんよ。 初心者歓迎です!
E:これは何年くらいやってらっしゃるんですか?
G:十二年です。
E:本当に!
G:雪が大好きなら、これはぴったりのレースです!

E: What a big turnout for the snowshoe race! I have snowshoe runner, Gail Garcia, with me. Tell us more about this event.
G: More than 300 participants are competing today.
E: Can anyone join the race?
G: No one will be turned away. Beginners are welcome!
E: How many years have you been doing this?
G: Twelve years.
E: You don’t say!
G: If you love snow, this is the race for you!

big turnout 大変なひとで
compete 競走する

Giant Lizard on the Loose  逃げたオオトカゲ

E:ベティ・パーカーさんが今日オオトカゲと遭遇しました。 どこで見つけたのか教えてください、ベティー。
B:私の車のボンネットに乗っていました!
E:それを見たとき、どうでしたか?
B:固まりました! すぐに警察に連絡しました。
E:それは賢明でしたね。
B:対応した警察官がグリーンイグアナだと断定しました。 彼はそれが逃げたペットではないかと見ています。
E:(笑いながら)イグアナってどうやったら迷子になるんでしょうか?
B:(笑いながら)さあ!

E: Betty Parker encountered a giant lizard today. Tell us where you found it, Betty.
B: It was on the hood of my car!
E: How did you feel when you saw it?
B: I was petrified! I called the police immediately.
E: That was smart.
B: The responding officer identified it as a green iguana. He suspects it’s a runaway pet.
E: (Laughing) How do you lose an iguana?
B: (Laughing) Search me!

encounter 遭遇する
Search me! さあ? I have no idea.のカジュアルな表現

Meteorite in the Cornfield トウモロコシ畑の隕石

L:あなたの土地にその隕石が墜落したとはうすうす感じていましたか?
K:そうだという可能性はかなりあると思ったね、ソニックブームを聞いたから。
L:大きな音だったでしょうね!
K:ああ! 2時間くらいあとにトウモロコシ畑でこの岩を偶然見つけたんだ。
L:専門家はそれが隕石でだと確認済みです。
K:ほら、持ってみて。
L:あらあ。 重さ30ポンドは優にあるでしょうね!

L: Did you have any inkling this meteorite crashed on your land?
K: I thought there was a strong possibility it had because I heard a sonic boom.
L: That must have been loud!
K: Yeah! A couple of hours later I stumbled on this rock in my cornfield.
L: Experts have confirmed that it’s a meteorite.
K: Here, hold it.
L: Oh, my. It must weigh a good 30 pounds!

Fireball from Outer Space  宇宙からの火の玉

L:隕石がフランクリン郊外にある農場のトウモロコシ畑に墜落しました! ケヴィン・ジェンソンさんは、このめったにない出来事を目撃しました。 ケヴィン、隕石が落ちるのを見たとき、何をしていましたか?
K:雑用をするために家の外へ出たところでね。
L:それは何時ごろでしたか?
K:夜が明ける直前で。 突然この明るい火の玉が頭上に見えたんだ。
L:着地するのを見たんですか?
K:いいや、炎が消えてしまったので。

Intro: News and Views with Roving Reporters, Linda Ray and Eddy Sato!
L: A meteorite crashed into a cornfield on a farm outside Franklin! Kevin Jenson witnessed this rare event. Kevin, what were you doing when you saw the meteorite fall?
K: I had just gone outside to do some chores.
L: What time was that?
K: Just before the crack of dawn. Suddenly I saw this bright fireball overhead.
L: Did you see it land?
K: No, the flame disappeared.

A Dinner Celebration お祝いのディナー

G:10年前のこの日、僕は美しい妻サンドラと結婚しました。人生最愛の人、サンドラに乾杯!
M:おめでとう!
J:ハッピー アニバーサリー!
S:私たちお互いが鏡になっている関係であることに気づいたの。
G:僕は自分の欠点を彼女に投影していたんだ。
S:そしてその逆も同様。
M:あなたたち、すごいわ!
S:あなたたちがいなかったらできなかったわ!
J:まだまだ元気な10年に乾杯!(笑い)

G: On this day 10 years ago, I married my lovely wife, Sandra. To the love of my life, Sandra!
M: Congratulations!
J: Happy Anniversary!
S: We came to the realization that our relationship is a mirror.
G: I was projecting my shortcomings onto her.
S: And vice versa.
M: You two are amazing!
S: We couldn’t have done it without you!
J: To 10 years and still going strong! (Laughter.)

project X onto Y XをYに投影する
And vice versa. そしてその逆も同様

The Ongoing Drama 進行中のドラマ

M:今日サンドラと話をしたの。
J:で、どうだった? (今度は何)
M:彼女、突然悟ったんですって。
J:悟った?
M:彼女、結婚した頃は自分という人間がよく分かっていなかったと言っていたわ。
J:なるほど。
M:それから私たち、日曜日の夕食に招待されたわ。
J:何と何と何と!最善を期待しましょう!
M:そして最悪に備えましょう!(二人笑う)

M: I talked to Sandra today.
J: What now?
M: She told me that she had an epiphany.
J: An epiphany?
M: She said that when she got married she didn’t have a strong sense of self.
J: Interesting.
M: And she invited us for dinner on Sunday.
J: Well, well, well! Let’s hope for the best!
M: And prepare for the worst! (They laugh.)

have an epiphany ɪpífəni 突然悟る
have a strong sense of self 自分という人間がよく分かっている

The List as Long as Your Arm とても長いリスト

M:どうだった?
J:彼はサンドラがあれこれ無理な要求をしていると言っているよ。
M:それは彼女がリストを渡したからよ。彼ってまるで子供だわ!
J:彼はリストがどうしようもなく長いと言っていた。
M:どのくらい長いの?
J:3ページ。
M:あらまあ!
J:彼はサンドラが家庭での主導権を握りたがってると言うんだ。
M:彼は大きな考え違いをしているわ!
J:停戦することを提案したよ。

M: How did it go?
J: He said Sandra is making unreasonable demands.
M: That’s because she gave him the list. He needs to grow up!
J: He said the list is impossibly long.
M: How long is it?
J: Three pages.
M: Good grief!
J: He said Sandra wants to wear the pants in the family.
M: He’s taking it all wrong!
J: I suggested they make a truce.

Good grief! あらまあ、 まさか  何てこと
take it (all) wrong 大きな考え違いをする
make a truce 停戦する

A Call from Sandra サンドラからの電話

M:今日サンドラから電話があったの。
J:どんな用件だったの?
M:彼女ね、朝手伝ってほしいことのリストをグレンに渡したんですって。
J:彼の反応は?
M:赤ん坊のように振る舞っているの!
J:それはどんなふうに?
M:彼女と口をきかないのよ!事態をすべて悪化させたのは私ではないかと本当に心配しているの。
(電話が鳴る)
J:もしもし?グレン!どうした?わかった、じゃあ、あとで!

M: Sandra called me today.
J: What did she want?
M: She said she gave Glenn the list of things she needs help with in the morning.
J: How did he take it?
M: He’s acting like a baby!
J: How so?
M: He’s not speaking to her! I’m seriously worried that I made everything worse.
(The phone rings.)
J: Hello? Glenn! What’s up? Okay, see you soon!

Who’s to Blame?  悪いのは誰?

J:サンドラとの話はどうだったんだい?
M:予想以上にうまくいったわ。
J:よかったね!
M:彼女の話だと、グレンのせいで自分が仕事に遅れると言うのよ。
J:ああ、なんてことだ!二人でもっと早く起きればいいのに!
M:私、彼女に朝のルーティーンで手伝ってもらいたいことのリストをグレンに渡すように提案したの。
J:それがどう受け入れられるかな。
M:様子を見ましょう。

J: How did your talk with Sandra go?
M: Better than expected.
J: Good!
M: She said that Glenn makes her late for work.
J: Oh, for crying out loud! They need to get up earlier!
M: I suggested that she give Glenn a list of things to do to help with the morning routine.
J: I wonder how that’ll go over.
M: We’ll see.

For crying out loud! 何てことだ! いい加減にして  お願いだから
go over 相手に受け入れられる

The Blame Game 責任のなすりあい

M:で、どんな話になったの?
J:グレンがあれこれとサンドラを責めるんだ。
M:例えばどんなことで?
J:一番問題なのは、サンドラのせいで彼が仕事に遅刻すること。彼女のせいで、娘も学校に遅刻する、ということだ。
M:それだけ?
J:大体ね。
M:彼は責任転嫁をしているだけだよ!
J:僕は、ただ単に彼の言ったことを伝えているだけさ。
M:わかった。明日、サンドラの言い分を聞くことにするわ。

M: So what’s the story?
J: Glenn blames Sandra for a lot of things.
M: Like what?
J: The biggest problem is that Sandra makes him late for work. She makes their daughter late for school, too.
M: That’s it?
J: Pretty much.
M: He’s just passing the buck!
J: I’m just reporting what he said.
M: Okay. I’m going to hear Sandra’s side of the story tomorrow.

Friends in Need 困った時の友達

J:あの二人、昔はとても中が良かったんだよね。
M:そうね、覚えているわ。
J:グレンに電話してみるよ。
M:他人のことにクビを突っ込むものじゃないわ!
J:今、グレンに友達がいたら助かると思う。
M:(ため息をついて)そうね。
J:君はサンドラに連絡してみたらどうだろうか。二人の娘のケイトリンはリオと同じクラスだから・・・。
M:わかったわ。彼女に電話して子供たちのプレイデート(親同士が仲介して取り決める、子供どうしの遊びの約束)を決めてみるわ。

pry into people’s business 他人のことに首を突っ込む
could use ~ ~がいると助かる
Maybe you could ~ ~してみたらどうでしょう
reach out to ~ ~に連絡してみる
call X and see about Y Xに電話してYの件を決めてみる

J: They used to be so happy together.
M: Yeah, I remember.
J: I’m going to give Glenn a call.
M: You shouldn’t pry into people’s business!
J: Glenn could use a friend right now.
M: (Sighing) You’re right.
J: Maybe you could reach out to Sandra. Their daughter, Caitlyn, is in Leo’s class…
M: Okay. I’ll call her and see about setting up a playdate with the kids.

After the Party パーティーが終わって

M:有毒な関係とはこのことだわ!
J:グレンはきみのチリが本当に気に入っていたよ!
M:サンドラを怒らせるためにわざとそう言っていたのよ。
J:(噴き出す)サンドラはティーカップをを割ったことで本当に彼を責めていたね!
M:何がそんなにおかしいの?お気に入りのティーカップだったのよ!
J:古いって言ったじゃないか。
M:場を丸く収めようとしていたの!
J:(真剣な調子で)パーティーはすべて僕の考えたことだ。ごめん。
M:よかれと思ってしたのはわかっているわ。

M: Talk about a toxic relationship!
J: Glenn really liked your chili!
M: He was saying that on purpose to make Sandra mad.
J: (Bursts out laughing.) Sandra really got after him for breaking the teacup!
M: What’s so funny? That was my favorite teacup!
J: You said it was old.
M: I was trying to smooth things over!
J: (In a serious tone) The party was all my idea. Sorry.
M: I know you meant well.

get after X for Y  Xを責めるYについて

Coffee and Cake and the Clash コーヒーとケーキと衝突

J:仕事はどう、グレン?
G:順調だよ!
S:グレンはいつも遅刻、それでボスはカンカンなの。
G:それは僕のせいじゃない!
S:ああ、なんてことをしたの、あなた!メアリーのコーヒーカップを割ってしまって!
G:申し訳ない!
M:気にしないで。どうせ古いコーヒーカップだったので。
S:あのう、私たち、帰らなくっちゃ。
M:もう?
S:もっといられるといいのだけれど、頭がね、ガンガンするのよ。
G:ありがとうね。チリ、美味しかった!

J: How’s work, Glenn?
G: Great!
S: Glenn is always late, which infuriates his boss.
G: That’s not my fault!
S: Now look what you’ve done! You broke Mary’s coffee cup!
G: I’m sorry!
M: No big deal. It was an old coffee cup anyway.
S: Well, we best be going.
M: So soon?
S: I wish we could stay, but I’ve got this splitting headache.
G: Thanks, guys. Loved the chili!

The Chili Recipe チリのレシピ

G:メアリー、きみのチリは絶品だよ!
M:ありがとう、気に入ってもらえてうれしいわ。
G:サンドラ、こういうチリを作ってくれるといいんだが。メアリーのレシピをもらわなくっちゃね。
S:(沈黙)あなたはしょっちゅう私のことをけなす!
G:ちょっと、待った!きみは繊細すぎるよ!僕はただメアリーのチリが好きだと言っていただけだよ。

あなたは私の料理が好きだとは決して言わない!
M:(咳払いをして)コーヒーとケーキが欲しい人は?
J:はい!

G: Mary, your chili is out of this world!
M: Thanks, I’m glad you like it.
G: Sandra, I wish you’d make chili like this. You’ll have to get Mary’s recipe.
S: (Silence.) You’re always putting me down!
G: Oh, come on! You’re too sensitive! I was just saying that I liked Mary’s chili.
S: You never say you like my cooking!
M: (Clearing her throat) Who wants coffee and cake?
J: Me!

Off to a Rough Start  荒れたスタートに

J:やあ、どうも!
G:遅くなって悪かった。サンドラがガーリックブレッドを焦がしてね。
S:オーブンから出してと言ったんですよ!グレンは人の言うことを聞くのがあまり得意ではないのよ。
M:どうも!来て頂けてうれしいわ!
S:どうも、メアリー。これ、ステファノズ・デリのガーリックブレッドよ。
M:あら、いいわね。
S:グレンが私のガーリックブレッドを焦がしたので。
G:よさないか!
J:(気まずい沈黙)ええと、中に入って、くつろいで!

J: Hi guys!
G: Sorry we’re late. Sandra burned the garlic bread.
S: I told him to take it out of the oven! Listening is not Glenn’s strong suit.
M: Hello! We’re glad you could make it!
S: Hi, Mary. Here’s some garlic bread from Stefano’s Deli.
M: Oh, how nice!
S: Glenn burned my garlic bread.
G: Don’t start!
J: (Awkward silence.) Well, come in and make yourselves at home!

Short Notice  急な話

J:今夜グレンとサンドラをうちのチリ・パーティーに招待したよ。
M:今夜?どうしてもっと前に言ってくれなかったの?
J:忘れてた。
M:ああ!私、あの人たちのネチネチした口げんかには耐えられないわ!
J:ボクは君の友達のことを我慢しているだろう!
M:けんかを始めるのはやめましょう。
J:わかった。急な話でごめん。
M:気にしないで。チリは全員に行き渡るぶんがあるわ。
J:ハニー、君は最高だよ!

J: I invited Glenn and Sandra over for chili tonight.
M: Tonight? Why didn’t you tell me sooner?
J: I forgot.
M: Ugh! I can’t deal with their bickering!
J: I put up with your friends!
M: Let’s not start a fight.
J: Okay. Sorry about the short notice.
M: Never mind. There’s enough chili for everyone.
J: Honey, you’re the best!

Spreading Her Wings 新しいことに挑戦

R:ひさしぶりだね!引退したのかい?
H:いいえ。転職したんです。
R:今は何をしているんだい?
H:リリース鳩です。人生最良の決断でした。
R:どんなことをするんだい?
H:結婚式やオープニングセレモニーといったものに参加するんです。
R:それはおめでとう!
H:ありがとうございます。行かなくては!今日は誕生会での仕事なんです。
R:わかった。またね!

R: It’s been a long time! Did you retire?
H: No. I switched careers.
R: What are you doing now?
H: I’m a release dove. It was the best decision I ever made.
R: What do you do?
H: I participate in weddings, grand openings, that sort of thing.
R: Congratulations!
H: Thanks. I’ve got to go! I’m working at a birthday party today.
R: Okay. See you around!

Just a Misunderstanding 単なる誤解

R:私たち、話し合いが必要だわ。
B:いいよ。
R:私、あなたに嫌な思いをさせることをしたかしら?
B:そう言われてみると、君は、ぼくが電話した時はいつも、忙しくて話ができないという感じだった。
R:それは面白いわ、だって私も同じように感じてきたのよ、ブラッド。
B:本当に?そういう印象を与えるつもりはなかったんっだよ、ロンダ。
R:ああ、大いに安心したわ!明日引っ越しを手伝ってくれない?
B:絶対頼んでくれないものと思っていたよ!

R: We need to talk.
B: Okay.
R: Did I do something to offend you?
B: Now that you mention it, whenever I called, you always seemed too busy to talk to
me.
R: That’s interesting because I’ve felt the same way about you, Brad.
B: Really? I didn’t mean to give that impression, Rhonda.
R: Oh, I’m so relieved! Can you help me move tomorrow?
B: I thought you’d never ask!

Kindness Wins 思いやりの勝ち

H:どうも!私はハリーでこちらが妻のウィラです。
N:奥さんには確かお目にかかっていますね。
W:ええ、そうですよね。私たち、ウェルカムバスケットをお持ちしました。
N:なんとご親切に!
H:駐車問題を解消したいな、と思ってたのですが。
N:ああ、あれですか。嫌なことがあった日だったんです。申し訳ない、ウィラ。
W:いいんですよ。なんとも思っていませんから。
N:よかった!どうぞお好きなところに駐めてください!

H: Hi! I’m Harry and this is my wife, Willa.
N: I believe I’ve met your wife.
W: Yes, we have. We’ve brought you a welcome basket.
N: How nice!
H: We were hoping to sort out the parking problem.
N: Oh, that. I was having a bad day. Sorry about that, Willa.
W: That’s okay. No hard feelings.
N: Great! Park anywhere you please!

sort out~ ~を解消する

The Queen Bee’s Solution  女王蜂の解決策

QB:解決策はきわめてシンプルです。
WB:そうなのですか?
QB:ええ。もっと休みをとりなさい。手を休めてバラの匂いをかぎなさい(忙中閑を求めよ、時には身近な美を楽しめ)。
WB:はあ。
QB:始業時間を遅くし、就業時間を早くしなさい。限度を定め、それを超えないこと。これは命令です!
WB:承知しました!
QB:ここに「今月の働き蜂」の名をあなたに授与します。
WB:ああ!光栄の至りです。
QB:それを手にして当然です。あなたは要求された以上のことをしてきたのですから。

QB: The solution is quite simple.
WB: It is?
QB: Yes. You need to take more breaks. Stop and smell the roses.
WB: Okay.
QB: Start work later and finish earlier. Set boundaries and don’t cross them. That’s an order!
WB: Yes, ma’am!
QB: I hereby name you Worker Bee of the Month.
WB: Oh! What a great honor!
QB: You deserve it. You’ve gone beyond the call of duty.

go beyond the call of duty 要求された以上の仕事をする

Advice from the Retiree  リタイアした者からの助言

H:リタイアすることのマイナス面はありますか?
R:ありすぎる時間を持て余すと感じる人たちもいる。私の場合は、自由このうえないと感じている。
H:一日中何をしているんですか?
R:「歌の会」に入っている。メンバーになりたいかい?夜明けに始まるんだ。
H:私は早起きではないんです。
R:考えておいてよ。
H:覚えておきます。どうも。

H: Is there a downside to retiring?
R: Some feel they have too much time on their hands. In my case, I feel as free as a bird!
H: What do you do all day?
R: I belong to the Song Club. Would you like to become a member? It starts at the crack of dawn.
H: I’m not an early bird.
R: Think about it.
H: I’ll keep that in mind. Thanks.

at the crack of dawn 夜明け(と共)に

Rhonda’s Dilemma ロンダのジレンマ

D:君とブラッドの間に何かあったの?
R:私の知る限りではないわ。彼はもう私のことを好きじゃないみたいなの。
D:それは確かなことなのかい?
R:いいえ。ただ、最後に話した時に、よそよそしい感じだった、というだけ。
D:ブラッドはいい奴だ。君のためなら何でもするはずだよ。
R:ええ。
D:君は彼と話してみるべきだ。
R:わかった。そうするわ。

D: Did something happen between you and Brad?
R: Not that I know of. I don’t think he likes me anymore.
D: Do you know that for a fact?
R: No. It’s just that the last time I talked to him, he seemed standoffish.
D: Brad is a really nice guy. He’d give you the shirt off his back.
R: Yeah.
D: You should talk to him.
R: Okay, I will.

X would give Y the shirt off his/her back.
XはYのためにならどんなことでもするはずです。
自分のシャツを脱いで人に与えるという例え話

The Parking Dispute 駐車紛争

W:見て、お隣が駐車した場所を。
H:今すぐ行って、この件の決着をつけてくる!
W:彼と幸先の悪いスタートは切りたくないわ。
H:彼はこっちの神経を逆なでしているんだよ!
W:いい近所づきあいを心がけましょう。もっと大きく構えて。
H:それって、どうすればいいんだい?
W:礼儀正しくして理解を示すのよ。
H:(ため息をついて)そのとおりだね。

W: Look where the neighbor parked his car.
H: I’m going over there to settle this now!
W: I don’t want to get off to a bad start with him.
H: He’s trying my patience!
W: Let’s try to be neighborly. Be the bigger person.
H: How do I do that?
W: Let’s be courteous and understanding.
H: (Sighing.) I guess you’re right.

neighborly 隣人同士らしい
courteous カーティアス 礼儀正しい

Appointment with the Queen Bee  女王蜂とのアポ

WB:失礼します、女王様。少しお話ししてもよろしいでしょうか。
QB:かまいませんよ。
WB:やっかいな状況になってしまいまして。
QB:続けて。
WB:話というのは、私の労働時間のことなんです。私は朝から晩まで働きづめです。
QB:蜂のように忙しいのね。
WB:はい!実を言うと、ノルマを達成しようとすることに大変疲れております。
QB:これは一緒に解決していきましょう。
WB:ご配慮に感謝します。

WB: Excuse me, Queen Bee. Could I have a word with you?
QB: Certainly.
WB: I’m in a sticky situation.
QB: Go on.
WB: It’s about my hours. I’m on the go from morning till night.
QB: You’re as busy as a bee.
WB: Yes! To tell the truth, I’m exhausted from trying to meet my quota.
QB: Let’s try to work this out.
WB: I appreciate your consideration.

address … …に取り組む
on the go 働きづめで
meet one’s quota 自分のノルマを果たす

The Prospect of Early Retirement 早期退職の見通し

少し新しいことをするべき時期だと思うんです。
別のルートを飛びたいのかい?
そういうことではないんです。
何が問題なんだい?
何かが欠けている気がするんです。
いつも決まったことをするのに飽きてきているんだね。
わからないんです。てこずっているんですよ。退職すべきかも。
退職?それはまるで別の話になるよ。

It’s time for me to make some changes.
Do you want to fly a different route?
It’s not that.
What’s the problem?
I feel like something is missing.
You’re getting tired of the same old thing.
I don’t know. I can’t get a handle on it. Maybe I should retire.
Retire? That’s a whole new ball game.

a whole new ball game まるで別の話

Reciprocity
互恵主義

D:申し訳ないんだけど、引っ越しを手伝えないんだよ、ロンダ。腰を痛めてしまって。
R:あら!痛むの、ディラン?
D:そうなんだ。重い物を運ぶのはブラッドに頼んでみたらどうだい?
R:やめておくわ。彼、最近よそよそしいのよ。
D:彼らしくないね。君は引っ越しを手伝ったでしょう。彼は君に借りが一つある。
R:ええ。私たち、もっと言い友達だと思っていたんだけど。

D: I’m sorry I can’t help you move, Rhonda. I threw out my back.
R: Oh! Are you in pain, Dylan?
D: I’m afraid so. Why don’t you ask Brad to lift the heavy stuff for you?
R: I’d rather not. He’s been acting distant lately.
D: That’s not like him. You helped him move. He owes you one.
R: Yeah. I thought we were better friends than that.

A Threat from a Neighbor お隣から脅し

W:新しいお隣さんがうちによって、うちの車を停める場所が自分の家に近すぎるというのよ。
H:それは彼の問題でしょう。
W:警察を呼ぶと言って脅してきたわ。
H:自分を何様だとおもってるんだ!
W:車を動かしたわよ。騒ぎ立てたくなかったから。
H:好きなところに停めていいんだ!公道なんだから。
W:まあ、彼に言わせるとそうではないのよ。

W: The new neighbor stopped by and said that we parked too close to his house.
H: That’s his problem.
W: He threatened to call the police.
H: Who does he think he is!
W: I moved the car. I didn’t want to make a scene.
H: We can park anywhere we please! It’s a public street.
W: Well, not according to him.

Burnout 燃え尽き症候群

WB:あら、どうも。
F:こんにちは。調子はいかが?
WB:そうよくはないの。花粉集めが自分の天職なのかどうか、あまり自信がなくって。
F:仕事が大好きだと思っていたけど。
WB:旅ができて美しい花を見られる機会がある点は大好きよ・・・でも・・・。
F:でもなに?
WB:仕事量が多く、疲れ切っているのよ。
F:このことについて女王蜂とは話しあったの?
WB:いいえ。
F:そうすべきかも。仕事燃え尽き症候群になってしまっているみたいだもの。

WB: Hello there.
F: Hi. How are things?
WB: Not so good. I’m not so sure gathering pollen is my calling.
F: I thought you loved your job.
WB: I love that I get to travel and see beautiful flowers…but…
F: But what?
WB: I’m exhausted from my workload.
F: Have you discussed this with the queen bee?
WB: No.
F: Maybe you should. You seem to be suffering from job burnout.

get to … …する機会がある
workload 仕事量

スポンサーリンク